f:id:wumeko:20170913051018j:plain

 地球滅亡はいつだろうか?と、目の前の事が面倒な時は考えていました。しかし、人類は100年後には滅亡するかもしれないというニュースが飛び込んできたのでご紹介します。

<コラムセレクション>

恋愛心理ゲーム総合ページ

バカにされる人の特徴とは??

会社に不満がある時に読む記事

人生がつまらないと思ったら読む記事

見よ!過去最低の給与明細

<目次>

  • 地球外への移住
  • 日本の若者が考えること

地球外への移住

 地球滅亡の期限が100年であると提言したのは、イギリスの物理学者スティーブン・ホーキング博士。以前は1000年としていたものを100年と改めたのだ。

イギリスの理論物理学者、スティーブン・ホーキング博士(75)が「人類が生き延びるためには、今後100年以内に別の惑星に移住を始める必要がある」と警告した。

 以前にも、博士は「今後1000年か1万年以内に地球は滅びるが、他の惑星への移住を考えれば人類は生き残れる」と主張してきたが、今回はそれを100年に短縮。

 「気候の変化、小惑星の衝突で起きる地震や津波、伝染病、人口増加で地球の環境はさらに悪化する」とした。

 詳細はこの夏放映される英BBCテレビの番組で明かされるが、博士は火星などに移住するためのロケット技術や生物学の新たな研究も発表する予定だという。(夕刊フジより

  これらを考えた場合、「気候の変化」については、最近明らかに異常気象ともいえる状況が続いており、これは世界規模で発生している。また、同氏は、世界中の人々が不寛容になってきており、その例として英国のEU離脱やトランプ大統領の当選などを挙げているが、個人レベルで考えても、「世の中がなにかおかしくなってきている」、「間違いが許されない世の中になってきている」ということを感じているところだろう。これらについては、「洗脳されている人々」でまとめている。

日本の若者が考えること

 上記ニュースは結構古いもので、今年の6月頃の出来事だ。その頃の日本メディアは、「森友学園」、「加計学園」、「芸能人の不倫報道」を取り扱っており、こういった未来についての話、もっと言えば、今の若者たちの将来の姿については一切報道されることはない。

 日本メディアは、韓国を贔屓(ひいき)した偏向報道が多く、日本の将来はどうなっても良いと考えられているように感じる。国会の「森友学園」や「加計学園」についても、民進党などの野党寄りの報道となっているのは明らかだ。同時に民進党(旧民主党)は日本第一でないことも知っておくべきだ。

 このように、今の日本メディアでは日本の将来や考えられる危機について真剣に報道されることはないので、与えられる情報ではなく、自ら「情報を探す」ということがとても大切であるということを知っておくべきである。どんなに便利になっても、自ら動くことはとても大切であり、「便利=思考停止」となってしまっては、ただの操り人形になってしまうことを知っておこう。